2015年10月13日 火曜日

歯を白くしよう!:) 1. 「歯石除去」

当医院は大阪、本町駅近くに開院し半世紀を超えました。治療機器、技術は日々進歩していますが、患者さんのリクエストには「しっかり噛めるようになりたい」「口元を綺麗にしたい」など変わらないものがあります。
その中でも最近は歯周病と関連して「歯を綺麗に白く自然なものにしてほしい」との審美関連をメインに来られる方が増えています。

今回は「歯を白くする」その1、として当医院での治療をご説明いたしましょう。

image1 image2

大きく分けて「歯石除去」→「ステイン除去」→オプションとして「レーザーブリーティング」、その後に必要に応じて詰め物、被せ物を白い自然なものに交換、の順番で行います。

まず今回は「歯石除去」歯石除去」です。

永久歯は上下左右の親知らずを含めて最大32本。私たちは上記の歯式に準じて個々の歯を、左上3番、右下7番、、、といった様に呼びます。
ちなみに親知らず親知らずは上下左右の8番ですね。
また上下3〜3番を前歯、上下上下45番を小臼歯、678番は大臼歯と呼びます。

当医院では通常お口を上下に分けて、2回で「超音波スケーラー」という器具を用いて「歯石除去」を行いますが、これは歯を実際に削ったりするものではありません。絶対に歯の神経に触ったりするものではありませんが、その微振動の刺激によって個人差で痛みを感じる方もおられます。
不安な方は軽い麻酔をしますので、どうぞお申し出ください。

ちなみに麻酔ですが、抜歯や神経の治療、詰め物の形成、など麻酔をする時は全てまず表面麻酔をし、その後、最新の電動の麻酔機器で行います。
最も細い針で直径0.28mm! 現在よく言われる「無痛的治療」はほぼこれを指します。

歯石はその方の量によっては上下左右の上下左右の4回、最も多い回数で上下左右を6グロックに分けて6回行う場合もあります。

「歯石除去」は他の治療と並行して行うことで、全体の来院回数を少なくすることも可能です。

次回は「ステイン除去」ステイン除去」です。ご不明な点はどうぞお問い合わせください。


 

投稿者 八木歯科医院

アクセス



〒541-0056
大阪市中央区
久太郎町3丁目5-26
谷口悦第2ビル6F
地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線、本町駅下車。
12番出口より徒歩3分。

お問い合わせ 詳しくはこちら