doctorからのブログ

2016年6月14日 火曜日

「ドライマウス」or 「歯周病」:(

こんにちは、本町の八木歯科医院です。

あなたは唇が乾燥し易いですか? ベタつき易いですか?

乾燥し易い方は「ドライマウス」が原因となっている場合があります。

原因は、加齢、口呼吸、食生活、ストレス、他の服用薬、その他、有名なところでは糖尿病、シェーグレン症候群、などによる唾液量が少なくなる事です。

結果、唇の乾燥感だけでなく、虫歯になり易くなる、歯周病になり易くなる、口内炎ができ易くなる、食べ物が飲み込みにくくなる、絶えず舌が赤っぽくて痛い、舌と同じく歯茎もピリピリ痛む、味覚障害になる、口臭がきつくなる、、、などが起こります。

セルフケアとしては、コーヒー、お酒類、タバコを減らす! 水分を多くとる、食べ物をよく噛む、また糖尿病やシェーグレン症候群などをお持ちの方は、歯科と並行して内科や専門医で治療を受けてください。

歯科では、スプレー状の人工唾液や、オブラート状の唾液を含みやすいものを使って、対症療法を行っています。

唾液は抗菌作用も強く、多いに越したことはないのですが、次は唇がベタつく、唇に汚れが付き気持ち悪い、トイう方です。

原因の一つとしては、入れ歯や歯の被せ物の調整不足によって、唾液がお口の外へ出てしまい易い場合があります。この場合は、それらを調整したり、時には作り替えたり、噛み合わせを調整することで、唾液の流出を減らします。

もう一つの大切な原因が「歯周病」です。

よく夜に目が覚めた時に、みょうに唇がベタつく、あるいは朝起きた時に唇がべたついている。ひどい時はティッシュなどでベタつく唇を拭うと半固まりの血が付いている、といった方がそうです。


歯茎からの排膿(膿が出ている事)や、それに伴なう出血が原因で、歯周病のさらなる進行はもちろん、この場合も口臭の原因となっているはずです。

まず歯科医に見せていただき、歯垢、歯石のクリーニングなどで歯周病の治療をして、その後は毎日のブラッシングや、ウォーターピックなどを使った効果的なメインテナンスをしていただく事です!
半年に一度くらいの歯科医院での検診を兼ねたチェックも大切ですね。

さて、皆さんはいかがでしょうか?


 


 


 


 

投稿者 八木歯科医院

アクセス



〒541-0056
大阪市中央区
久太郎町3丁目5-26
谷口悦第2ビル6F
地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線、本町駅下車。
12番出口より徒歩3分。

お問い合わせ 詳しくはこちら