doctorからのブログ

2016年6月10日 金曜日

「マイ歯ブラシ」:)

これは旅先で宿泊したホテルのアメニティの歯ブラシです。
ある東南アジアの首都の5つ星ホテル :) 今まで見た中では一番よくできていると思います。
近くのシャングリラも快適なホテルでしたが、歯ブラシは❌。
やはりゲストが欧米人が多いからでしょうか? 何しろデカイ!ブラシはゴワゴワ:( ただ、帰国後にアンケートのメールがあり、その他の欄に、そのことを書きリプライすると、すぐにその部門のマネージャーから改善したい、とのリプライがありました。さすがシャングリラですね :) 次回のステイが楽しみです。

さて、こちらのホテルのゲストはアジア人も多いのでしょう、なかなかの歯ブラシです。

私は職業柄か、現地のホテルの歯ブラシや現地のマーケットで買った歯ブラシを使うことも旅の楽しみとなっています。
今回は、このよくできた歯ブラシを元に自分なりの改良(改悪?:P)をしてみたいと思います。

オリジナルはグリップ部にスリットが入れられ柔軟性が良くなるように作られています。ただ、そのスリット部の上、ブラシ側に浅いホールが付けられ、ちょうど親指が添えれるように出来ています。、、、どうもこの歯ブラシはグーのようにして持つようにできているようです。

まずはスリットをもっと大きくし、より柔軟性をもたせましょう。

 

と同時に全体に厚みを薄くし、よりフレキシブルにします。またグリップ部分の中央部にくぼみを付けます。上から見ると微妙に斜めに凹んでいて、ペンを持つようにグリップしていただけたら、ちょうどこの部分に親ゆびの腹が沿って安定するようにしました。

そうです!歯ブラシはわざと力が入らないように、また適度な角度で歯に当たるようにペングリップが最良です。

しかしここまで削っても、この歯ブラシの全体の強度は普通の歯ブラシとなんら変わらないのもびっくりでした :)

次はブラシ部分ですね。今回はブラシの材質は変えることができませんでしたが、そこは雰囲気だけ、、、(汗

ブラシ部分は約2/3にし、2段カットにして、歯と歯の間も磨きやすいようにしてみました。もちろんヘッドも小さくしています。

どうでしょうか? :)

欧米人、特にゲルマン系の方は今までお一人だけ抜歯しましたが、骨の強さにびっくりでした :O 歯も歯茎も強そうでした。私も以前アメリカでアメニティの歯ブラシを使ったところ、血だらけになった事がありました。アジア人には、これくらいの歯ブラシが良いと思います。



今日で「歯と口の健康週間」は残念ですが終了です。
以前にも触れましたが、販売されている歯ブラシでは「ruscello P-10 soft」が最高だと私は思います。 今回の「歯と口の健康週間」でも皆さんに少しでも実感して欲しくてお配りしました。
普段は受付で340円で販売しています。フィリックスガム34個分ですね(笑 この機会にぜひお使いください :)

ブラッシングのコツは、

①ブラシの毛先が潰れずうまく使えるように、力は入れない。

②ついつい知らぬ間に力が入ってしまう人は、ペングリップで持ちましょう。

③4〜5本をいっぺんに磨こうとせず、1〜2本ずつ磨きましょう。

④歯並びはV字形ではありません。U字形ですのでまっすぐ歯ブラシを入れても、後方の歯ほどブラシが当 たりにくいです。奥歯を磨く時は歯ブラシを口に入れて、口を閉じブラシの柄で唇を横に広げるように して、ブラシが奥歯にも当たり易いようにしましょう。

⑤、、、歯磨きペーストは少なめに!たっぷり付けると、すぐお口の中が泡でいっぱいになってしまい      ますよ :)
 

毎日のブラッシングはお口のケアの基本です。頑張ってくださいね! :)

 


 

 

 


 
 

投稿者 八木歯科医院

アクセス



〒541-0056
大阪市中央区
久太郎町3丁目5-26
谷口悦第2ビル6F
地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線、本町駅下車。
12番出口より徒歩3分。

お問い合わせ 詳しくはこちら