doctorからのブログ

2016年8月 8日 月曜日

「小さくて、でも大切な症例」 :)

こんにちは、本町の八木歯科医院です。

あっという間に8月、しかももうお盆休み週間になりました。まだお休みではなく働いておられる方はもちろん、遊びに行かれる方も、熱中症やその他事故もなく楽しくお過ごしください。

私はお知らせさせていただいた通り、今週はカレンダー通り、13日(土)〜17日(水)までお休みをいただきます。ただ12日(金)は当ビルの一階シャッターは閉まっています。ご面倒ですが、ご来院の方はビル前から医院に電話をしていただいたら、シャッターを開けます。朝は9時半から夕方5時くらいまで医院内で待機していますので、何かありましたらご連絡ください。


さて今回はお休みも控えていることもありますので、小さな症例をご紹介したいと思います(?):)
「小さな症例」と言いましたが、ご本人にとっては、とても気にされていることが多く、それゆえに私たち歯科医師も、どんな小さな事であっても一生懸命治療させていただいています。「小さくて、でも大切な症例」、、、
 

1例目は限定的な「ガムピーリング」。上顎の前歯のちょうど真ん中あたりの歯茎にできた黒い歯茎のくすみ、メラニン色素沈着です。
治療手順は、まず表面麻酔液を染ませたロール綿花を5〜7分間、唇と歯茎の間に挟んでいただき、その後レーザーにてメラニン色素を含む層まで当該部位を除去します。注射器による麻酔は全く必要ありません。これで2〜3日は歯ブラシなどが当たらないようにしてもらい、1〜2週後に治癒を確認して完了です。

 
 

2例目は、天然歯ではありません。歯並びとご本人のご希望に熟慮に熟慮を重ねて、もう7年以上前に私が作らせていただいた人工のブリッジという連結冠です。
やはり歯並びの関係でブラッシングがしにくく、人工の歯面に汚れがついてしまう患者さんです。表面を覆わせている硬質レジンというマテリアルの磨耗を防ぐためもあり、ご自分では無理に強くブラッシングはせずに、検診も兼ねて定期的にクリーニングに来院していただいています。
この汚れの場合は、微粒子のパウダーを専用器具で歯の面に噴射して完了です。ただ汚れを取った後、その面をコーティングしてやらないと、今度はマテリアル自体が変色したり破損しやすくなります。そうなればもう一旦外して新しく作り直すといった治療が必要となり、元々の歯にダメージを与えるリスクも多くなったり、当然来院回数も多くなります :(
しかし、コーティングはお口の中で数分で出来、このような症例の場合、そこまでして本当の完了です。


以上のようなワンポイントなお悩みは、どんどんおっしゃってください。他の歯の治療の途中であれば並行して行うと来院回数も少なく、効率よく行えますし、単独であってもすぐに治療させていただきます :)


 


 


 

 

 





























 
 

 

投稿者 八木歯科医院

アクセス



〒541-0056
大阪市中央区
久太郎町3丁目5-26
谷口悦第2ビル6F
地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線、本町駅下車。
12番出口より徒歩3分。

お問い合わせ 詳しくはこちら