doctorからのブログ

2015年3月31日 火曜日

歯周病の予防についてお話しします

大阪市中央区の皆様こんにちは。
今回は歯周病と予防についてお話ししたいと思います。
昔リンゴをかじると血がでませんか、というCMがありました。
そのあたりから歯周病、歯槽膿漏という言葉が世の中に浸透してきたように感じます。

朝起きた時に口の中がねばついたり、口臭が強い、歯茎が腫れるなどが歯周病のサインです。
あなたは大丈夫ですか。

歯周病が進行すると歯槽膿漏になりますので、早期治療が大切です。
歯の健康を保つ為に、丁寧な歯磨きと規則正しい生活習慣が大事です。
しかし丁寧な歯磨きはなかなか自己流では難しいものです。
磨き残しが溜まり、歯周病に発展してしまいます。
それを無くすためには定期検診に行きましょう。

当院は予防処置として歯石除去や予防に重点を置いています。

投稿者 八木歯科医院 | 記事URL

2015年3月25日 水曜日

歯周病はあまり自覚がなく進んでしまう病気です

歯周病は、歯の周りに付着した汚れによって細菌が発生し、歯を支えている骨が溶けてしまって歯がぐらぐらになり、さらに進むと歯が抜けてしまうという病気です。
この病気は、自覚症状がなく進む病気で、普段からのケアがとっても重要になります。

大阪市中央区にあります当院では、まず、歯肉の健康状態や骨の状態をチェックし、歯垢除去やお口の中のおそうじをし、歯周病の元となる細菌の巣をきれいにします。
そして、毎日のお手入れが十分にできるように、歯科衛生士の指導の下、正しい歯ブラシの仕方について指導したり、定期的なメンテナンスを行います。

歯ぐきに腫れや出血、痛みを感じる部分があるという方は、早めの受診をおすすめします。

投稿者 八木歯科医院 | 記事URL

2015年3月23日 月曜日

患者さまとの信頼を大切にしている歯科医です

歯磨きの時に歯茎から出血する、寝起きに口の中が粘つく、歯茎が痛むなどの症状がある方は歯周病かもしれません。
歯周病は初期には自覚症状がなく、進行すると最後には歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。
歯周病予防には日々の歯磨きと定期的な検診が大切です。

家で歯磨きしているから大丈夫、と思っている方が多いと思いますが、家庭での歯磨きでは除去しきれない汚れもあります。
定期的に歯医者で検診をうけ、歯石の除去や歯のクリーニングを行うことで、歯周病のリスクを回避できますので、面倒に思わず、3カ月に一度は検診にいらしてください。

当院では、50年以上にわたり、大阪市中央区にお住まいの皆さまのお口の健康をサポートしてきました。
患者さまと医者の信頼関係を大切にしていますので、歯でお悩みの方は当院にご相談ください。

投稿者 八木歯科医院 | 記事URL

2015年3月16日 月曜日

顎関節や歯ぎしりなどでお悩みを解決いたします

大阪市中央区にございます当院は、顎関節などの口腔外科治療もおこなっております。

顎関節のトラブルは、口を開くと顎が痛い、痛みはないが、顎を開くと変な音がする、痛みも音もないが口が開きづらいという場合もあります。
原因は、ストレスなどの心因性によるものや、歯並び、歯ぎしりなどに原因があるなど、色々なケースが考えられます。
現在、痛みが無くても、将来的に痛んだり、歯並びに影響を及ぼすかもしれません。

先に述べた、歯ぎしりも単なる癖ではなく、ストレスなどの心因性の場合があります。
歯ぎしりは、必要以上に歯に負荷をかけており、歯をすり減らし、歯に悪影響を及ぼし兼ねません。
その結果、顎関節や肩こりなどのトラブルの原因になる可能性があります。

顎関節や、歯ぎしりなどの症状で、お悩みの方は当院にご相談ください。

投稿者 八木歯科医院 | 記事URL

2015年3月16日 月曜日

新しい診療台(チェア)が入りました。(大阪・本町駅八木歯科)


新しいチェアを導入致しました。
口腔内のお悩みのお気軽にお問合せください。

投稿者 八木歯科医院 | 記事URL

アクセス



〒541-0056
大阪市中央区
久太郎町3丁目5-26
谷口悦第2ビル6F
地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線、本町駅下車。
12番出口より徒歩3分。

お問い合わせ 詳しくはこちら