doctorからのブログ

2016年6月27日 月曜日

「歯周病」を治すと「糖尿病」が良くなる!? 「動脈硬化」

おはようございます、八木歯科医院です。

前回、前々回と「歯周病」と「糖尿病」を軸に最新の情報をお伝えしました。

今回は金崎伸幸先生の「歯周病専門医が教える糖尿病がよくなるとっておきの方法」を中心に要点をご紹介したいと思います。

さて、日本人の3大死因は「悪性新生物」、「心疾患」、「脳血管疾患」ですが、2番目と3番目の心臓あるいは脳周辺の疾患の多くに動脈硬化が大きく関係しています。そしてその動脈硬化が歯周病によって引き起こされていることが解明されてきました。

歯周病菌はお口の中にあっては、歯の表面や、歯と歯茎の間の特に深くなった歯周ポケット内にネバネバしたプラークを形成し、歯周病をより悪化させていますが、同時に場合によっては血管内に入り込み、冠状動脈などいろいろなところで「アテローム性動脈硬化」を起こす原因となっています。

「アテローム性動脈硬化」は簡単に言えば血管内壁にコレステロールなどでできたどろどろの粥状物質(これをアテロームと言います)が溜まり、血液の流れを悪くする事です。

この「アテローム」の形成の一部を、血管内に侵入した歯周病菌が起こしています。

このドロドロの粥状物質は溜まってくると昆布のように血管内部に出っ張ってきますが、この出っ張りは、お口の中の歯垢と同様に「プラーク」と呼ばれています。歯周病菌はお口の中でも、全身の血管内にも「プラーク」を作っているのですね!

「アテローム」の出っ張りで狭くなった血管では血流が悪くなり、ひどくなると血栓が作られたり、また流れてきた血栓が詰まり、先述の心疾患、、、心筋梗塞、脳血管疾患、、、脳卒中、脳出血、脳梗塞が引き起こされます。

また、本来は無菌状態であるはずの血管内に歯周病菌が侵入した状態を「菌血症」と言いますが、これが感染性心内膜炎の大きな原因となります。心臓弁の手術をされたことのある方は特に注意が必要です。抜歯に限らず、歯の治療に際しては、その旨を歯科医にも一言お伝えください。

一般にビフィブス菌など腸内細菌の存在は有名ですが、お口の中にも正常な状態で300〜700種の常在菌がいます。
その中で、「悪玉」の歯周病菌は主に5種類です。
Pg菌、Td菌、Tf菌、P、Aa菌です。

これら「悪玉」歯周病菌は、その他の菌が作る歯の表面の「バイオフィルム」内、および4mm以上の深さがあり酸素の届きにくい歯周ポケット内で増殖しています。

皆さんも、私たち歯科医師も、この事を念頭に日々のメンテナンスをすることが大切になります。
最後に、そのメンテナンスの要点です。

⒈ 「ながら」歯磨きは大いに結構!:) テレビを見ながら、お風呂につかりながら、5分以上時間をか   けて、丁寧に1本1本の歯を磨きましょう!

⒉ 「フロス」を積極的に使ってみましょう! 私個人的には毎日でなくても良いと思います。週に2〜   3回は、歯ブラシの後に「フロス」で歯の間を掃除しましょう。歯ブラシだけでのプラーク除去率   は58%ですが、「フロス」を併用すると86%になります!

⒊ 「歯ブラシ」を意識して選びましょう! はじめは歯医者さんで、どんな歯ブラシが自分に合ってい   るのか? 遠慮なくお尋ねください。可能であれば最初の1本を歯医者さんで買っていただき、以   後の参考にする事も良いと思います。

⒋  食事の時は何回もよく噛んで食べましょう! 噛む事は脳を活性化させたり、噛む事ではの表面の   汚れが自動的に取れる、などメリットがたくさんあります。

⒌  歯科医院でのメンテナンスは「3か月に1回」を目標にしましょう! 先述した「バイオフィル    ム」や深い歯周ポケット内で「悪玉」歯周病菌が毒素を出し始めるのが役3か月です。そのタイミ   ングで「悪玉」歯周病菌を除去しましょう。

⒍  唾液がよく出るようにしてください。先述した「よく噛んで食べる」も唾液の分泌量が増えます。   唾液には強い抗菌作用があるので、たくさん分泌されて、そのことで「悪玉」歯周病菌を少しでも   減らしましょう。寝る前に「キシリトール100%」のガムを軽く噛むのもいいでしょう :)

以上、参考になったところはあったでしょうか?
歯科医院は虫歯の治療や、入れ歯を作るだけのところではありません。痛い歯がなくても、また、歯石を取るのもちょっと痛いですが、1つは歯周病治療を通して、全身のコンディションも良くしていきましょう!!

投稿者 八木歯科医院 | 記事URL

2016年6月23日 木曜日

「歯周病」を治すと「糖尿病」が良くなる!? 「糖尿病性腎症」

前回は歯周病に関連して糖尿病の話をしました。今回は「糖尿病の三大合併症」、「糖尿病性網膜症」「糖尿病性神経症」「糖尿病性腎症」の中で、最後の「糖尿病性腎症」についての興味深い本を読みましたので、なるべく簡潔にしてご紹介したいと思います。


 

その本とは、相田能輝先生の「医者は口を診ない、歯医者は口しか診ない 医科歯科連携で医療は大きく変わる」医薬経済社刊 です。

ぜひ手にとってご覧ください。もちろん、当医院の待合室にも置いています。

以下、主な部分をご紹介いたします。


「現在、全国で約30万人の末期腎不全の患者さんが透析治療を受けておられます。今も毎年およそ1万人の方が発症されているそうです。

腎不全を引き起こす代表的な慢性腎臓病がIgA(免疫グロブリン)腎症です。
IgA腎症はゆっくりと、しかし確実に進行して、約30年でほぼ半数の患者さんが透析や腎臓移植が必要となります。

腎臓病を早期発見する方法は検診時の尿検査で、「タンパク尿」や「血尿」の発見がカギとなります!

1998年までは透析の第一原因はIgA腎症でしたが、1990年代に入り、糖尿病の増加に伴い「糖尿病性腎症」の患者さんが爆発的に増加しています。

「糖尿病性腎症」の場合、すでに全身の血管の傷みが激しいために、心筋梗塞や脳卒中を起こし易く、透析開始患者さんの5年生存率は約50%となっています!!

「糖尿病性腎症」はIgA腎症と違い検診では「血尿」ではなく「タンパク尿」が出ることがとky長で、早期発見、早期治療が最重要となります。

IgA腎症は仙台市の堀田修先生の大変なご尽力で、「扁摘パルス療法」が確立され、今までは治らないという事が半ば常識となっていたIgA腎症は治る病気となりました。

糖尿病性患者さんのうち、Ⅰ型、Ⅱ型を問わず「糖尿病性腎症」を発症されるのは30〜40%で、すべての糖尿病患者さんが「腎症」を発症されるわけではありません。しかし、30〜40%は高確率です!

糖尿病から腎臓に炎症を併発するメカニズムはまだ完全に解明されていませんが、現在多くの医師が「病巣感染」が関わっているのでは?と考えています。、、、「歯周病」です。

「糖尿尿性腎症」は発症から約10年で透析が必要なレベルにまで進行してしまいます。

そうならないように歯周病治療、禁煙など歯周病予防のための口腔ケア、また、もう一つの「病巣感染」の原因となる慢性上咽頭炎を少しでも解消するため、呼吸を口呼吸から鼻呼吸に改善する、などなどするべきことはいっぱいあります。」

今回は以上です。うまく要約できているのか不安ですが、もし上記のことに少しでも該当されている方は是非早くに行動に移られることをお勧めします。
私たちに与えられた時間はそう長くはないかもしれません!

一番焦っているのは私かもしれませんね、、、
 

投稿者 八木歯科医院 | 記事URL

2016年6月20日 月曜日

「歯周病」を治すと「糖尿病」が良くなる!?

おはようございます、本町駅近くの八木歯科医院です。

先日、ある歯科メーカーの会員誌に糖尿病専門医の先生の、「歯周病を治すと糖尿病が改善する」というマンガ形式の記事が掲載されていました。

当院のブログでも今年3月に「糖尿病と口腔ケア」として、その先生と内容を紹介させていただきました。覚えてはるかな?(笑

最近、この「歯周病」と「糖尿病」の関連が学会やその他講演で多く取り上げられています。

当院の待合室にも分りやすいと思われる書籍を置いていますので、ご本人はもちろんご家族の方に糖尿病の方がおられましたら、ぜひ手にとってご覧ください。


突然ですが、あなたは内科で「糖尿病」です!!と言われたら、ドキッ!ヤバイ〜!、と思われるでしょう! でも歯科医院で「歯周病」です!!と言われても、あまりショックを受けない人の方が多いと思います。
なぜでしょう? 現在、程度の差こそあれ30歳以上の人のおよそ80%が歯周病に患っておられます。
そのポピュラー性に加え、歯周病は口の中だけの病気だと勘違いされている方が非常に多いことも原因かもしれません。、、、完全な勘違いです!

ちょっと数えてみるだけで、歯周病の悪化は下記の病気の原因となり、しかもそれらを治りにくくしています。

糖尿病、認知症、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中、慢性関節リュウマチ、アレルギー性疾患、早産、誤嚥性肺炎、、、


どれも怖い病気ですが、その中でも万病の元と言われる「糖尿病」との関連を今回は見る事で、いかに「歯周病」は怖い病気であるかをご一緒に再認識してみたいと思います。

ちなみに、内臓脂肪の肥満などで有名な「メタボリックシンドローム」、略してメタボは欧米では「前糖尿病状態」と言い、「歯周病」も当然含まれています。

まず覚えておいてほしい事は、「歯周病を併発していない糖尿病患者さんは、血糖値を正常範囲内にコントロールされていれば、合併症のリスクを抑える事ができますが、歯周病を併発されている糖尿病患者さんは血糖値を低くコントロールされていても、合併症のリスクは高くなる!」、、、という事です!

糖尿病の合併症、例えば、、、

糖尿病性網膜症は、、、最悪、失明してしまいます。

糖尿病性腎症は、、、腎不全を起こし、そうなれば人工透析が必要となります。



それでも歯科医院で「歯周病です」!!と言われてもあなたは平気ですか?

ご自身やご家族に心配な方がおられましたら、すぐに当院にご相談くださるか、画像にあった本をお読みください。
私も、全身病として「歯周病」を治療していきたいと考えています。「歯周病」と「糖尿病」をセットで治していきましょう!


 

投稿者 八木歯科医院 | 記事URL

2016年6月14日 火曜日

「ドライマウス」or 「歯周病」:(

こんにちは、本町の八木歯科医院です。

あなたは唇が乾燥し易いですか? ベタつき易いですか?

乾燥し易い方は「ドライマウス」が原因となっている場合があります。

原因は、加齢、口呼吸、食生活、ストレス、他の服用薬、その他、有名なところでは糖尿病、シェーグレン症候群、などによる唾液量が少なくなる事です。

結果、唇の乾燥感だけでなく、虫歯になり易くなる、歯周病になり易くなる、口内炎ができ易くなる、食べ物が飲み込みにくくなる、絶えず舌が赤っぽくて痛い、舌と同じく歯茎もピリピリ痛む、味覚障害になる、口臭がきつくなる、、、などが起こります。

セルフケアとしては、コーヒー、お酒類、タバコを減らす! 水分を多くとる、食べ物をよく噛む、また糖尿病やシェーグレン症候群などをお持ちの方は、歯科と並行して内科や専門医で治療を受けてください。

歯科では、スプレー状の人工唾液や、オブラート状の唾液を含みやすいものを使って、対症療法を行っています。

唾液は抗菌作用も強く、多いに越したことはないのですが、次は唇がベタつく、唇に汚れが付き気持ち悪い、トイう方です。

原因の一つとしては、入れ歯や歯の被せ物の調整不足によって、唾液がお口の外へ出てしまい易い場合があります。この場合は、それらを調整したり、時には作り替えたり、噛み合わせを調整することで、唾液の流出を減らします。

もう一つの大切な原因が「歯周病」です。

よく夜に目が覚めた時に、みょうに唇がベタつく、あるいは朝起きた時に唇がべたついている。ひどい時はティッシュなどでベタつく唇を拭うと半固まりの血が付いている、といった方がそうです。


歯茎からの排膿(膿が出ている事)や、それに伴なう出血が原因で、歯周病のさらなる進行はもちろん、この場合も口臭の原因となっているはずです。

まず歯科医に見せていただき、歯垢、歯石のクリーニングなどで歯周病の治療をして、その後は毎日のブラッシングや、ウォーターピックなどを使った効果的なメインテナンスをしていただく事です!
半年に一度くらいの歯科医院での検診を兼ねたチェックも大切ですね。

さて、皆さんはいかがでしょうか?


 


 


 


 

投稿者 八木歯科医院 | 記事URL

2016年6月10日 金曜日

「マイ歯ブラシ」:)

これは旅先で宿泊したホテルのアメニティの歯ブラシです。
ある東南アジアの首都の5つ星ホテル :) 今まで見た中では一番よくできていると思います。
近くのシャングリラも快適なホテルでしたが、歯ブラシは❌。
やはりゲストが欧米人が多いからでしょうか? 何しろデカイ!ブラシはゴワゴワ:( ただ、帰国後にアンケートのメールがあり、その他の欄に、そのことを書きリプライすると、すぐにその部門のマネージャーから改善したい、とのリプライがありました。さすがシャングリラですね :) 次回のステイが楽しみです。

さて、こちらのホテルのゲストはアジア人も多いのでしょう、なかなかの歯ブラシです。

私は職業柄か、現地のホテルの歯ブラシや現地のマーケットで買った歯ブラシを使うことも旅の楽しみとなっています。
今回は、このよくできた歯ブラシを元に自分なりの改良(改悪?:P)をしてみたいと思います。

オリジナルはグリップ部にスリットが入れられ柔軟性が良くなるように作られています。ただ、そのスリット部の上、ブラシ側に浅いホールが付けられ、ちょうど親指が添えれるように出来ています。、、、どうもこの歯ブラシはグーのようにして持つようにできているようです。

まずはスリットをもっと大きくし、より柔軟性をもたせましょう。

 

と同時に全体に厚みを薄くし、よりフレキシブルにします。またグリップ部分の中央部にくぼみを付けます。上から見ると微妙に斜めに凹んでいて、ペンを持つようにグリップしていただけたら、ちょうどこの部分に親ゆびの腹が沿って安定するようにしました。

そうです!歯ブラシはわざと力が入らないように、また適度な角度で歯に当たるようにペングリップが最良です。

しかしここまで削っても、この歯ブラシの全体の強度は普通の歯ブラシとなんら変わらないのもびっくりでした :)

次はブラシ部分ですね。今回はブラシの材質は変えることができませんでしたが、そこは雰囲気だけ、、、(汗

ブラシ部分は約2/3にし、2段カットにして、歯と歯の間も磨きやすいようにしてみました。もちろんヘッドも小さくしています。

どうでしょうか? :)

欧米人、特にゲルマン系の方は今までお一人だけ抜歯しましたが、骨の強さにびっくりでした :O 歯も歯茎も強そうでした。私も以前アメリカでアメニティの歯ブラシを使ったところ、血だらけになった事がありました。アジア人には、これくらいの歯ブラシが良いと思います。



今日で「歯と口の健康週間」は残念ですが終了です。
以前にも触れましたが、販売されている歯ブラシでは「ruscello P-10 soft」が最高だと私は思います。 今回の「歯と口の健康週間」でも皆さんに少しでも実感して欲しくてお配りしました。
普段は受付で340円で販売しています。フィリックスガム34個分ですね(笑 この機会にぜひお使いください :)

ブラッシングのコツは、

①ブラシの毛先が潰れずうまく使えるように、力は入れない。

②ついつい知らぬ間に力が入ってしまう人は、ペングリップで持ちましょう。

③4〜5本をいっぺんに磨こうとせず、1〜2本ずつ磨きましょう。

④歯並びはV字形ではありません。U字形ですのでまっすぐ歯ブラシを入れても、後方の歯ほどブラシが当 たりにくいです。奥歯を磨く時は歯ブラシを口に入れて、口を閉じブラシの柄で唇を横に広げるように して、ブラシが奥歯にも当たり易いようにしましょう。

⑤、、、歯磨きペーストは少なめに!たっぷり付けると、すぐお口の中が泡でいっぱいになってしまい      ますよ :)
 

毎日のブラッシングはお口のケアの基本です。頑張ってくださいね! :)

 


 

 

 


 
 

投稿者 八木歯科医院 | 記事URL

アクセス



〒541-0056
大阪市中央区
久太郎町3丁目5-26
谷口悦第2ビル6F
地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線、本町駅下車。
12番出口より徒歩3分。

お問い合わせ 詳しくはこちら