HOME > 入れ歯のお悩み

入れ歯のお悩み

入れ歯のお悩み
入れ歯について、あなたと一緒に考える。
最後まで付き合うものだからこそ、適切な情報提供・提案を致します。

入れ歯のお悩みあれこれ 大阪本町の八木歯科医院までお気軽にご相談を!

入れ歯について、歯科医師として
入れ歯について、歯科医師として
入れ歯というと、どうしても悪いイメージを持たれがちです。
確かに、自分の歯で噛み、食べることが最も理想であり、そうでありたいと誰もが思いますが、お歳を召して来ると、どうしても抜けてしまう歯が出てしまい、食事にも不便を来すようになってしまいます。

当院では、患者様の求める要望に合わせて、適切な素材やお手入れの説明を致します。
また、入れ歯についてご理解いただき、より良い入れ歯とのお付き合いを提案致します。
具体的な、入れ歯のあれこれ
保険の入れ歯

メリット

経済的な問題で、入れ歯をためらっておられる方におすすめしています。
保険が適用されるため、費用については最もお手頃になっており、患者様に一番選ばれています。

素材はレジンと呼ばれる特殊な医療用プラスチックを使い、留め具は金属を使います。

デメリット

保険が効くという最大のメリットはありますが、他の素材と比べて、どうしてもフィット感については劣る部分があります
また、金属アレルギーの方にはご利用頂けない、作り直しを希望される際は、最低でも半年利用後となるという制限があります。
金属床①(コバルトクロム合金使用)

メリット

レジンと比べて金属でできているため、製作の際には薄く作ることができ、食べ物の温度が伝わりやすく、より自然な口腔の感覚を得られます
また、金属アレルギーが起こりにくい素材でもあります。

長年使われてきた実績もあり、チタンと比べて、保険適用外の入れ歯の中では、比較的コストが安い部分もメリットと言えます。

デメリット

保険が適用されない為、経済的な面でハードルがあります。
チタンやレジンの入れ歯と比べて、やや重さがあります。
金属床②(チタン使用)

メリット

金属の中でも、現在の入れ歯の素材としては最も軽く作る事ができるため、フィット感や自然さについては、最も優れた素材の一つです
また、食べ物の熱などが伝わり、金属アレルギーが起こりにくい素材でもあります。

デメリット

保険が適用されない為、経済的な面でハードルがあります。
ノンクラスプデンチャー

メリット

部分入れ歯などで目立つ金属が無いため、より自然な歯に見えます。
インプラントなどの処置ができない場合でも、症例によっては適用が可能です。

金属を使わないため、金属アレルギーを起こしにくいという特徴があります。

デメリット

保険が適用されない為、経済的な面でハードルがあります。

入れ歯の疑問について、あれこれ

入れ歯は一度作ったら調整は要らないの?
入れ歯は一度作ったら調整は要らないの?
よく誤解される問題です。
実際に、患者さんの中には、入れ歯を作った後は、何かトラブルがあるまで放置している、という方も多く見受けられます。

ですが、できればトラブルが起こる前にご来院下さい
入れ歯はメンテナンスが必要なものであり、おおよそですが、当院では半年に一度、調整に来院されるようお願いしております
その時点で問題は無くとも、歯茎は年齢と共に痩せていくため、お口の中をチェックさせていただくことで、変化に柔軟に対応し、より快適にご利用頂けます。
入れ歯が痛い、合わない。どうして?
入れ歯が痛い、合わない。どうして?
上記の質問と重なる部分がありますが、このお悩みを口にされる患者さんは、入れ歯のチェックに来られていない方が多いです。

時を経て歯茎が痩せていくため、微妙にフィットしなくなり、痛みや咬み合わせの悪さの原因となってしまいます。
なるべく早いご来院をお勧めします。

大阪・本町駅近くの八木歯科医院まで、まずはお電話でお問合せください。
入れ歯がすぐはずれてしまう。なぜ?
入れ歯がすぐはずれてしまう。なぜ?
こちらもよくご相談される内容の一つです。
歯茎が痩せていくことで、フィットしていたものが失われてしまい、結果的に入れ歯がはずれやすい、ということになってしまいます。

メンテナンス(例えば、リベース-現在使用中の入れ歯を使っての裏打ち-)などの措置によって修復は可能なため、仕方ないと放置せず、是非ご来院しての相談をお勧めします。
アクセス



〒541-0056
大阪市中央区
久太郎町3丁目5-26
谷口悦第2ビル6F
地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線、本町駅下車。
12番出口より徒歩3分。

お問い合わせ 詳しくはこちら