doctorからのブログ

2015年10月28日 水曜日

歯を白くしよう!:) 4. 「白い詰め物、被せ物」

さて「歯石除去」、「ステイン除去」、人によっては「レーザーブリーティング」も行いました。
次の段階は従来の金属の「詰め物」「被せ物」(私たちはそれぞれ「充塡物」「被覆冠」と呼んでいます)を白いものに交換することになります。その材質によって保険適用、保険外適用に分かれますが、まずは保険適用のものからです。

保険の適用範囲内で、お口の中専用の樹脂を使い、白い「詰め物」「被せ物」が可能です。
「詰め物」はほぼ全ての歯に適用されます。また、「被せ物」は上下の3〜3の前歯には単独あるいはブリッジの「硬質レジン前装冠」、上下左右の45、小臼歯ですね、には単独の場合のみ、また特に昨年からは歯科における高度医療の保険への適用の第1号として「CadCam冠」が使えます!
これは被せたい歯の型をコンピューターで読み取り、それを特殊な硬質レジンの塊をミリングマシーンで自動的に削り出すもので、従来のものより大きく強度が改善されました。ただそれでもまだ保険適用保険適用外のセラミックのものに比べると色調、強度ともに劣りのは仕方がないのが現状です。
特に当院担当の技工士は優秀で、若い人若い人や初めて白い「被せ物」を必要とされる方には、充分期待に応えることができると思います。

保険適用外の保険適用外の「被覆冠」については、当院のFBをご参照ください。入れ歯と共にご紹介しています。


 

投稿者 八木歯科医院

アクセス



〒541-0056
大阪市中央区
久太郎町3丁目5-26
谷口悦第2ビル6F
地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線、本町駅下車。
12番出口より徒歩3分。

お問い合わせ 詳しくはこちら