doctorからのブログ

2016年5月22日 日曜日

「ノンメタルクラスプデンチャー」最新事情 :)

大阪本町駅近くの八木歯科医院です。

さて、ここ数回は「ホワイトニング」「歯肉のメラニン色素沈着除去」、、、など、最新のレーザーを使用しての治療をご紹介してきました。
今回は形としては以前からあったのですが、ここ最近にマテリアルが急速に改良、進歩し、よりしなやかに強く、使い心地が格段に良くなった「ノンメタルクラスプデンチャー」をご紹介いたします。
 

「ノンクラスプデンチャー」は
⒈ 「自然な美しさ」、、、従来の部分入れ歯には必須で、しかも見た目も目立っていた金属のバネがありません! お口を大きく開けて笑ったり、食事をしていても、相手に入れ歯の存在すら気付かせませんので何も気にする必要なしです!

⒉ 「快適なつけ心地」、、、入れ歯全体に最適な弾性がありますので、入れ歯自体の内部に補強のための線や板状の金属が不要となりました! そのため、軽く、薄く、お食事や会話を存分に楽しんでいただけます:)

⒊ 「歯にも優しい」、、、残っている歯に金属のバネで、しかも目立ちやすい比較的歯の先端側の位置で保持させる必要がなくなったので、残っている貴重な歯に負担をかけずに、しっかりと固定でき、しっかり噛めて、しかも歯の寿命も伸ばせます!

⒋ 「上あごを覆い塞ぐことのない総入れ歯」、、、先述しましたように、入れ歯全体に最適な弾性がありますので、歯茎への密着がよく今までのように大きな総入れ歯が必要でなくなりました。上あごの覆いが無いだけで発音、味覚も格段に違います!それは実際の経験者の方にはよく分かっていただけるはずです! ただ一部の方には市販の入れ歯安定剤を極薄く必要な場合があり、今後の課題となります。

    

 

これらの入れ歯は残念ですが全額自費です :( ケースによって15万円〜25万円です。 また残存歯の位置によっては見えない奥歯に白金加金のバネをオプションとして加える設計が必要な場合もあります。

個々のケースはご相談ください。見た目や機能と、金額が釣り合うとお考えでしたら詳細をご一緒に考えましょう;)

最後は診療所の近くの大好きなスポットの坐摩神社様の境内です。本当に心を穏やかにしてくださいます。
  

そして、当医院を入居させていただいているビルです。 今日はビルが休館日ですので限られた画像ですが、年月を経てより強固になっているのでは?と思わせるような内部、細部の斬新なポストモダンなデザイン、トイレも古いデザインも本当に綺麗に残されています。造られた先々代の心が今も息づいている気がします。
 
 

投稿者 八木歯科医院

アクセス



〒541-0056
大阪市中央区
久太郎町3丁目5-26
谷口悦第2ビル6F
地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線、本町駅下車。
12番出口より徒歩3分。

お問い合わせ 詳しくはこちら