HOME > 親知らず、顎関節の悩み

親知らず、顎関節の悩み

親知らず、顎関節の悩み
虫歯だけじゃない、
知って欲しいお口の悩みのサポート、
カウンセリング致します。

親知らず、抜いた方が良いの?

親知らず、抜いた方が良いの?

親知らずを抜いた、という方は、歳を重ねるにつれて、皆様の周囲にも増えてくるのではないでしょうか。

実際に、痛みなどが無くとも、抜かねばならないケースもあります

  • 横、斜めに生えてきている場合、奥歯を圧迫し、歯並びに影響を与えます。
    歯並びが顎関節などに悪い影響を与え、痛みやトラブルの原因になります。
  • 食べかす等が詰まりやすい場合があります。
    この場合、歯を磨くのが難しく、結果的に虫歯になってしまい、親知らずだけではない健康な歯も虫歯となって、治療、抜歯の必要が出る場合があります。

親知らず、抜かないでいい場合もある?

結論から先に言えば、あります。
例えば、横や斜めに生えて来ていても、問題がなければ抜歯の必要はありません。
もちろん、生えてこないというケースもあります。
また、真っ直ぐに生えて来て、通常の咬み合わせができている場合などは、むやみに抜歯をすすめることはありません

ですが、素人判断で、痛くないから大丈夫、と放置していて、結果的に症状が悪化してしまい、治療が長引いたりする場合もあります。
気になった場合は一度ご相談下さい。

親知らずの抜歯のご相談は、大阪・本町駅近くの八木歯科医院までご来院ください。

顎関節のトラブルについて

顎関節のトラブルについて
顎関節のトラブル、というと、たいていは整形外科(美容ではなく、形を整える、関節などの専門です)と思われることが多いです。

もちろん、歯科ではないトラブルもありますが、逆に歯科だからこそ、解決できることもあります
口を開くと顎が痛い、変な音がする
こうした症状が現れている場合、まずはご相談下さい。
ストレスなどの心因性によるものか、歯並び、或いは歯ぎしりなどに原因があるのか、色々なケースが考えられます。

また、痛みは無いが顎のところで変な音がする、という場合も、将来的に痛んだり、歯並びに影響を及ぼす場合があります。
口が開きづらい
痛みも音も無いが、何だか口を開きづらい、という場合もあります。
このような場合も、一見歯医者とは関係が無いように思われがちですが、同じく歯並びや噛み合わせなどに原因があることが多く見られます

こちらも将来的に痛み、歯並びの悪影響が出る場合があります。
いびきと歯ぎしり
ストレスの多い現代社会において、歯ぎしりはただのクセではなく、そうした心因性のものが原因となることが多々あります。(遺伝による先天的なものもあります)。
歯ぎしりは噛む力を必要以上に入れているため、歯をすり減らし、歯に悪影響を及ぼすだけではなく、顎関節や肩こりなど、トラブルの原因になります

こうした歯ぎしりを治療するために、歯科では専門のマウスピース、専門用語でナイトガードと呼ばれるものをご用意しています。
また、いびきの場合もこうした歯や顎関節に関わるトラブルのケースがあり、こちらにはスリープスプリントと呼ばれるものが御座います。

ご家族の方などにいびき、歯ぎしりを注意されている場合など、是非一度、ご相談にお越し下さい。


顎関節症のお悩みは大阪・本町の歯医者、八木歯科医院へご相談ください。
アクセス



〒541-0056
大阪市中央区
久太郎町3丁目5-26
谷口悦第2ビル6F
地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線、本町駅下車。
12番出口より徒歩3分。

お問い合わせ 詳しくはこちら